17.10 - 通常の終了 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata MultiLoadジョブ スクリプトでTeradata MultiLoad LOGOFFコマンドを含めると、ワークステーション接続クライアント システムでもメインフレーム接続クライアント システムでも、ユーティリティを正常終了します。次の構文図でコマンドを表示します。



Teradata MultiLoadは、データベースのすべてのセッションをログオフし、以下のものを示すステータス メッセージを返します。
  • 使用したプロセッサ時間の合計
  • ジョブの開始日時と停止日時
  • 検出された最大戻りコード(終了戻りコード)
    • 0(ジョブが正常に完了した場合)
    • 4(警告条件が発生した場合)
    • 8(ユーザー エラーが発生した場合)
    • 12(致命的なエラーが発生した場合)
    • 16(メッセージの出力先がいずれも利用可能でない場合)
Teradata MultiLoadには次の機能もあります。
  • ジョブが成功したか失敗したかに応じて、再始動ログ表を保持するか削除します。
  • 指定された場合、retcode値をクライアントのオペレーティング システムに返す。

再始動ログ テーブルを保持または削除する戻りコードや条件の詳細については、LOGOFFを参照してください。