17.10 - ルーチンの使用に関するプログラミング上の考慮事項 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

この節では、ルーチンのタイプ別にサポートされるプログラミング言語について説明するとともに、関連するその他の考慮事項について説明します。

プログラミング言語

Teradata MultiLoadは次の言語で記述します。

  • IBM C(メインフレーム接続のz/OSクライアント システムの場合)
  • C(ワークステーション接続のUNIXおよびWindowsクライアント システムの場合)

次の表では、示したプログラミング言語で記述できるINMODルーチンと通知出口ルーチンについて示します。これらはプラットフォーム依存です。

プラットフォーム別およびユーザー開発ルーチン別のサポート言語
プラットフォーム INMODルーチン 通知出口ルーチン
z/OS アセンブラ、COBOL、PL/I、またはIBM C IBM C
UNIX OS、Windows C C
INMODルーチンおよびOUTMODルーチンはできるだけC/C++で作成するようにしてください。