17.10 - UNIXおよびWindowsシステムの例 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下に、ワークステーション接続のUNIXおよびWindowsの各システムでTeradata MultiLoadを起動する方法例を記載します。
  • mload </home/mluser/tests/test1 >/home/mluser/tests/out1
    このコマンドでは、入力ファイルと出力ファイルの両方を指定しています。
    • /home/mluser/tests/test1は、Teradata MultiLoadジョブ スクリプトを提供する入力ファイルです。
    • /home/mluser/tests/out1は、出力データの宛先ファイルです。
  • mload </home/mluser/tests/test1

    このコマンドでは入力ファイルしか指定していません。この場合、出力は標準出力デバイスに書き込まれます(通常はユーザーの端末)。

  • mload

    このコマンドは、入力装置も出力装置も指定しません。この場合、端末によってコマンド入力および出力データの宛先が指定されます。

  • mload -r '.RUN FILE mld.startup;'

    このコマンドは-r起動オプションを使用して、Teradata MultiLoadのRUN FILEコマンドを指定します。この場合、Teradata MultiLoadジョブ スクリプトはファイルmld.startupに格納されています。