17.10 - 使用上の注意 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表に、TABLEコマンドを使用する際の考慮事項を示します。

TABLE使用上の注意
対象 使用上の注意
参照する表の列名 指定した表の列名はTeradata SQL列名でなければならず、引用符で囲まれている必要はありません。

無効な列名を使用して表を作成することはできず、無効な列名を使用すると、標準とどれほど異なっているかに応じて、様々なエラーが発生します。次のようなエラーがあります。

  • 名前にブランクが含まれていると、ブランク以外の内容によっては構文エラーの原因となります。
  • 無効な文字は、無効な名前エラーを起こします。
  • 予約語は、予約語の不正使用という構文エラーを起こします。

FIELD名にマルチバイト文字が含まれる場合は.TABLEコマンドの使用は避けてください。代わりにFIELDコマンドを使い、マルチバイトのフィールド名を二重引用符で囲みます。例えば、次のように指定できます。

.FIELD “”         *     INTEGER;
TABLEコマンドとFIELDコマンドまたはFILLERコマンドとの組み合わせ 1つ以上のTABLEコマンドを、LAYOUTコマンドに続くFIELDまたはFILLERと組み合わせて使用できます。

レコードのレイアウト フィールドを指定するこの方法は、tableref,の対応する列のデータ記述によって定義される各フィールドが、直前のフィールドと連続していて、入力レコードに対する先行のフィールド指定に関係なく、次の文字位置から始まることを前提とします。各フィールドは、表の列に対して定義されている順序で指定する必要があります。

tablerefパラメータで識別されるオブジェクトは表でなければなりません。指定する表は、BEGIN MLOADまたはBEGIN DELETE MLOADコマンドのパラメータとして指定する必要はありませんが、ユーザーがその表の所有者であるか、少なくとも1つの権限を持っている必要があります。

修飾のないテーブル名として指定した場合は、現行のデフォルトのデータベースによって修飾されます。

TABLEコマンドとUDT型 TABLEコマンドを使用する場合、表に構造型UDTが含まれていると、Teradata MultiLoadはUDTの外部表現を返し、ユーザーによる変換が必要になります。「外部型」とは、構造型UDTのあいまいな外部コンテナのデータ型を意味し、from-sql変換方式で返される型です。