17.10 - Teradata MultiLoadタスク アクティビティ コマンド - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表に、タスク アクティビティを実行するTeradata Multiloadコマンドを示します。

Teradata MultiLoadタスク アクティビティ コマンド
Teradata MultiLoadコマンド 機能
BEGIN MLOADおよびBEGIN DELETE MLOAD 次の項目を指定します。
  • 実行されるTeradata Multiloadタスクの種類
  • データベース内のターゲット表
  • タスクを実行する場合のパラメータ
DML LABEL 後に続く一連のDML文に対するラベルとエラー処理オプションを定義します。
END MLOAD Teradata MultiLoadコマンド項目の完了を示し、タスクの実行を開始します。
FIELD LAYOUTコマンドとともに使用され、データベースに送信するデータ ソース レコードのフィールドを定義します。
FILLER LAYOUTコマンドとともに使用され、データベースに送信しないデータ ソース レコードのフィールドを定義します。
IMPORT DML操作を実行するためのデータ ソース、データ レコードの記述に使用されるレイアウト、および任意の条件を指定します。
LAYOUT Teradata MultiLoadタスクで使用するデータ ソースのレコード フォーマットを指定します。このコマンドには、FIELDコマンドおよびTABLEコマンドの連続または組み合わせが続きます。
LOGDATA ユーザーの認証に成功するために、ユーザーIDやパスワードなど、ログオン メカニズムで必要なパラメータ以外にもパラメータをLOGMECHコマンドに指定します。
LOGMECH 適切なログオン メカニズムを名前で指定します。
PAUSE ACQUISITION Teradata MultiLoadジョブの取得フェーズを一時停止します。
TABLE LAYOUTコマンドとともに使用され、列名およびデータ記述がデータ ソース レコードのフィールド名およびデータ記述として使用されている表を識別します。