17.10 - 使用上の注意 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表では、RUN FILEコマンドを使用する場合に考慮すべき事柄について説明します。

RUN FILE使用上の注意
対象 使用上の注意
RUN FILEコマンドの実行 Teradata Multiloadでは、RUN FILEコマンドの実行後、LOGOFFコマンドまたはファイルの終わりのどちらかが検出されるまで、指定されたソースからのコマンドの読み取りが継続されます。

ファイルの終わりが検出されると、直前にアクティブだったソース(以下参照)からコマンドおよびDML文の読み取りがTeradata Multiloadによって自動的に再開されます。

  • SYSIN (z/OSの場合)
  • UNIX OSおよびWindowsの場合、(正常な、またはリダイレクトされた)stdin
SYSIN/ stdinは、ユーザーが指定した起動パラメータがTeradata Multiloadによって処理された後でもアクティブな入力ソースのままです。
ネストされたRUNコマンド RUN FILEコマンドが指定したソースは、RUNコマンドの入れ子を16レベルまで指定できます。
-i scriptencodingパラメータ -i scriptencodingパラメータを使用すると、指定したエンコーディング形式およびバイト順序が、.RUN FILEコマンドで指定されるすべてのコマンド ファイルおよび入れ子になったすべてのRUN FILEコマンドに適用されます。
システム コンソール/標準入力デバイスの指定 システム コンソール/標準入力(stdin)装置のfileid指定には、アスタリスク文字(*)を使用します。

システム コンソールとは次のいずれかです。

  • 対話モードのキーボード
  • バッチ モードの標準入力デバイス

キーボードや標準入力デバイスについての詳細は、ファイルの要件を参照してください。

z/OS fileidの使用上の注意 DDNAMEを指定すると、指定したソースからデータ レコードがTeradata Multiloadによって読み取られます。

DDNAMEは、以下の場合を除いて、Teradata SQL列名と同じ構成規則に従う必要があります。

  • 「アット」(@)はアルファベット文字として使用できます。
  • 下線文字(_)は使用できません。

DDNAMEは、外部システムに適用可能な規則に従う必要があります。シーケンシャル(VSAM)データ セットを参照できます。

DDNAMEが磁気テープ上のデータ ソースを表わす場合、テープは、オペレーティング システムのサポート内容によって、ラベル付きとラベルなしのどちらかとなります。