17.10 - 使用上の注意 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表に、BEGIN MLOADコマンドおよびBEGIN DELETE MLOADコマンドを使用する際の考慮事項を示します。

BEGIN MLOADコマンドおよびBEGIN DELETE MLOADコマンド
対象 使用上の注意
データベース名と表名の指定 作業テーブルやエラー テーブルの名前を指定しない場合、3文字の接頭辞(WT_、ET_、またはUV_)が付いたターゲット テーブル名またはビュー名を使用して(以下参照)、作業テーブルやエラー テーブルの名前がTeradata Multiloadによって作成されます。
  • WT_tname1作業表の場合、tname2
  • ET_tname1エラー表の場合、tname3
  • UT_tname1エラー表の場合、tname4
  • 2つ以上のTeradata Multiloadジョブで作業テーブルおよびエラー テーブルを共有しないでください。また、単一のTeradata Multiloadジョブの2つ以上のターゲット テーブルで作業テーブルおよびエラー テーブルを共有することも避けてください。ジョブを正しく実行するためには、Teradata Multiloadジョブの各ターゲット テーブルに専用の作業テーブルおよびエラー テーブルが必要です。
  • Teradata Multiloadジョブの各ターゲット テーブルに固有の作業テーブルおよびエラー テーブルを設定しないと、予期しない結果が発生します。影響を受けた1つ以上のジョブを再始動できない場合もあります。
Teradata Multiloadの作業テーブルおよびエラー テーブルの削除 Teradata Multiloadジョブが中断した場合は、Teradata Multiloadによるインポート タスクまたは削除タスクは完了するまで、作業テーブルやエラー テーブルを削除しないでください。

詳細については、使用上の注意を参照してください。

ターゲット表で使用できないエラー表の列名 Teradata Multiloadは、問題のあるクライアント レコード情報をポストします。さらにTeradata Multiloadは、そのレコードおよびエラーの型を識別する情報をUV_エラー テーブルとET_エラー テーブルにポストします。
この情報は、クライアント システムのエラー レコードの前の8列に記録されます。Teradata Multiloadエラー テーブル情報の保全性を維持するため、ターゲット テーブルでは、エラー テーブルの下記の8つの列名は使用しないでください。
  • ApplySeq
  • DBCErrorCode
  • DBCErrorFieldDBCErrorField
  • DMLSeq
  • ImportSeq
  • SMTSeq
  • SourceSeq
  • Uniqueness
セッション構成 最適なセッション数は複数の要素に依存するため、この数を判断する一般的な手段はありません。ただし、判断基準の一部としては以下のものがあります。
  • データベースのパフォーマンスと作業負荷
  • クライアント プラットフォームの種類、パフォーマンス、作業負荷
  • チャネルのパフォーマンス(メインフレーム接続システムの場合)
  • ネットワークの配置状況とパフォーマンス(ワークステーション接続システムの場合)
  • アプリケーションが処理するデータ量

使用するセッション数が少なすぎると、不必要にスループットを制限することがあります。これに反して、使用するセッション数が多すぎると、セッション管理のオーバーヘッドが増加し(他のアプリケーションで使用可能なセッション数を減少させることもある)、環境によってはスループットを低下させることがあります。

データベース システム構成のサイズに関係なく、繰り返し生成を行なう大きなアプリケーションでは、数種類のセッション構成を試して、資源活用とスループット パフォーマンスの最適バランスを決定するのが妥当です。

大規模なデータベース システム構成では、最大セッション数がAMP当たり1セッション未満というインストール デフォルトの設定が適切です。これは、インストール構成ファイル(Teradata MultiLoadコマンド規則を参照)、または標準の実行時パラメータ(Teradata MultiLoadコマンド規則を参照)を使用して設定できます。セッション数のインストール デフォルトが構成ファイルに指定されていても、必要な場合には個々のTeradata MultiLoadスクリプトでオーバーライドできます。

未指定のターゲット オブジェクト BEGIN MLOADコマンド後の処理中に以下のオブジェクトが参照されると、Teradata MultiLoadはエラー メッセージを出力して終了します。
  • BEGIN MLOADコマンドで識別されていないターゲット表またはビュー
  • 互換性のないビュー
インポート対象としてのビュー ビューをTeradata MultiLoadインポート タスクの有効なターゲット オブジェクトとして使用するためには、以下の条件を満たす必要があります。
  • 単一表のビューである
  • 基礎テーブルの更新が可能
また、ビューでの以下の操作は禁止されます。
  • 結合または自己結合の指定
  • 基本索引列の変換