17.10 - 使用上の注意 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表に、DELETE文を使用する際の考慮事項を示します。

DELETEの考慮事項
対象 使用上の注意
条件句の評価 行に対する条件句の評価は、肯定、否定、または不確定のいずれかになります。
  • 肯定の場合、Teradata MultiLoadによって行が削除されます。
  • 否定の場合、Teradata MultiLoadでは何も実行されません。
  • 不確定の場合、Teradata MultiLoadでは結果がエラーとして処理され、行とエラー番号がエラー表に記録されます。
不確定な結果は、アンダーフロー、オーバーフロー、ゼロによる除算などの不正な算術状況によって発生します。
結合 Teradata MultiLoadは、単一表の文に対してのみ動作します。DELETE文に結合を指定することはできません。
必要な権限 DELETE文を使用するためには、指定した表またはビューに対するDELETE権限が必要です。
インポート タスクでのDELETEの使用 BEGIN MLOADコマンドを使用してインポート タスクを指定した場合、
  • DELETE文を、表またはビュー(結合が指定されていないことが条件)に適用できます。
  • 入力データ レコードの数に制限はありません。
  • すべての基本索引列に対する等式値を、必ずWHERE句に指定します。
  • ターゲット表にPPIがある場合、必ずパーティション列に値を指定します。
  • DELETE文の前にはDML LABELコマンドを指定する必要があります。
  • DELETE文のWHERE句ではORは使用できません。ORを使わずに、2つのDELETE文を別々に作成し、IMPORTコマンドのAPPLY句を使用して条件に合った方のDELETE文を適用します。
削除タスクでのDELETEの使用 BEGIN DELETE MLOADコマンドを使用して削除タスクを指定した場合、
  • 単一のDELETE文を適用できるのは表のみで、ビューには適用できません。
  • DELETE操作には完全なファイルのスキャンが必要です。
  • すべての基本索引列に対する等式値を、WHERE句に指定できません。ただし、より少ない固有な基本索引の列に対しては等式値を指定できます。

    この句に指定する列は索引の一部である必要はなく、1つ以上の索引付けされていない列を指定できます。

    この句には、固有索引の列の任意の組み合わせや、その他の列の任意の値について、等式値以外の値を指定することができます。

  • DELETE文の前にはDML LABELコマンドを指定しないでください。単独のDELETEのみが常に適用されます。
  • オプションとして、LAYOUTコマンドとそれに付随するFIELDコマンド(およびオプションとしてFILLERコマンド)で適切に定義され、次に単独のIMPORTコマンドで指定されてインポートされた、1つのデータ レコードを指定します。このデータ レコードは、DELETE文のWHERE句の値を提供します。

IMPORTコマンドがない場合、DELETE文のWHERE句では、インポートしたデータ レコードの動的データを参照せずに、削除する行を静的に指定する必要があります。