17.10 - 使用上の注意 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表に、PAUSE ACQUISITIONコマンドを使用する際の考慮事項を示します。

PAUSE ACQUISITIONの使用上の注意
対象 使用上の注意
コマンドの使用頻度と配置 Teradata MultiLoadジョブでは、各PAUSE ACQUISITIONコマンドがそれぞれ異なるインポート タスクに関連している限り、複数のPAUSE ACQUISITIONコマンドを使用できます。1つのインポート タスクで使用できるPAUSE ACQUISITIONコマンドは1つだけです。
PAUSE ACQUISITIONコマンドは、Teradata MultiLoadジョブ スクリプト内の以下の位置に指定する必要があります。
  • BEGIN MLOADコマンドの後
  • END MLOADコマンドの前

PAUSE ACQUISITIONコマンドを最初のIMPORTコマンドの前に指定すると、取得フェーズが開始される前にTeradata MultiLoadによってジョブが一時停止されます。

PAUSE ACQUISITIONコマンドを最後のIMPORTコマンドの後ろに指定すると、アプリケーション フェーズが開始される前にTeradata MultiLoadによってジョブが一時停止されます。

PAUSE ACQUISITIONコマンドを2つのIMPORTコマンドの間に指定すると、Teradata MultiLoadによって取得フェーズが開始され、最初のIMPORTコマンドが処理されます。その後、2番目のIMPORTコマンドが処理される前にジョブが一時停止されます。

操作上の要件 Teradata MultiLoadジョブに以下のいずれかの操作が含まれる場合は、PAUSE ACQUISITIONコマンドを使用して、MultiLoadジョブを2つ以上の異なる操作に分割できます。
  • インポート データをTeradata MultiLoadの作業表にロードする、1つ以上の取得フェーズ操作。

    または

  • 作業表のデータをデータベースのターゲット表またはビューに挿入するアプリケーション フェーズの操作。
一時停止状態 Teradata MultiLoadジョブが停止すると、ユーティリティは次の処理を実行します。
  • ユーザーの要求によってジョブが停止したことを示すメッセージを表示します。
  • 戻りコード4でジョブを終了します。
ジョブの再起動 一時停止したTeradata MultiLoadジョブを再始動するためには、Teradata MultiLoadジョブ スクリプトから該当するPAUSE ACQUISITION文を削除して、ジョブを再実行します。取得フェーズのIMPORTコマンドの処理がTeradata MultiLoadによって再開され、以下のいずれかの処理が実行されます。
  • アプリケーション フェーズへ処理を進める。

    または

  • 別のPAUSE ACQUISITIONコマンドで再度一時停止する。