17.10 - RDBMSの再試行可能なエラー コードおよび再起動可能なエラー コードの処理 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • SYSLIB.DBSRETRYABLEERRORSビューに対するアクセス権がユーザーに付与されていない場合、Teradata MultiLoadは、DBS「no permission(アクセス権なし)」のメッセージと、ジョブに再試行可能エラーの内部リストが使用されることを示す情報メッセージを表示して、そのジョブの戻りコードに4を設定します(ジョブの残りの部分には、その他のエラーがないと仮定した場合)。
  • Teradata MultiLoad 14.10以降が、14.10より前のデータベースで実行されている場合、「RDBMS error 3807:Object 'SYSLIB.DBSRETRYABLEERRORS' does not exist(RDBMSエラー3807:オブジェクト'SYSLIB.DBSRETRYABLEERRORS'が存在しません)」というメッセージと、ユーザーに向けた情報メッセージ「The job will use its internal retryable error codes(ジョブは内部の再試行可能エラー コードを使用します)」を表示して、そのジョブの戻りコードは変更しません。
  • ほとんどない事例ですが、SYSLIB.DBSRETRYABLEERRORSビューから行がまったく返されない場合、Teradata MultiLoadは、返された行がないことを示す情報メッセージと、ジョブに再試行可能なエラーの内部リストが使用されることを示す情報メッセージを表示して、そのジョブの戻りコードは変更しません。
  • SYSLIB.DBSRETRYABLEERRORSビューから1つ以上の行が返された場合、Teradata MultiLoadは、DBSのデータ関連エラー ビューについての情報を表示することも、そのジョブの戻りコードを変更することもありません。

Teradata Tools and Utilities 14.10以降では、Teradata MultiLoadはRDBMSから返された再試行可能なエラー コードのリストを使用するようになりました。

再試行可能なエラー コードのリストについての詳細は、Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ, B035-1102を参照してください。