17.10 - 説明 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata MultiLoadユーティリティを使用すると、大規模なデータベースのバッチ保守を効率的に実行できます。Teradata Multiloadは、データベースの複数のテーブルおよびビューに対して、大容量のデータを高速に保守するためのコマンド主導のユーティリティです。

1つのTeradata MultiLoadジョブで、データベースの表およびビューに対するさまざまなインポート タスクおよび削除タスクを実行できます。
  • 1つのTeradata MultiLoadインポート タスクで、最高5つの表またはビューに対して、データの挿入、更新、および削除操作を複数実行できます。
  • 1つのTeradata MultiLoad削除タスクで、1つの表から大量の行を削除できます。
Teradata MultiLoadを使用すると、以下の場所からデータをインポートできます。
  • メインフレーム接続クライアント システム上のディスク ファイルまたはテープ ファイル(独自のアクセス モジュールを使用)
  • ワークステーション接続ワークステーション上の入力ファイル
  • 入力データを選択、検証、および前処理するために作成される、特別な入力モジュール(INMOD)プログラム
  • アクセス モジュール
  • 適切に書式設定されたソース データを提供するすべての装置

データを受け取るデータベースの表またはビューには、許可された管理タスクの権限がある既存の表またはビューを任意に指定できます。

ワークステーション接続クライアント システムのTeradata MultiLoadでは、すべての機能において完全なテープ サポートは使用できません。テープからデータをインポートするためには、テープ デバイスに対してインターフェースする独自のアクセス モジュールを記述する必要があります。独自のアクセス モジュールの作成方法の詳細については、Teradata® Tools and Utilities Access Moduleプログラマ ガイド, B035-2424を参照してください。