17.10 - 使用上の注意 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表に、UPDATEを使用する際の考慮事項を示します。

UPDATE使用上の注意
対象 使用上の注意
OR構成 ORはUPDATE文で使用できません。

ORによって通常達成される結果を得るためには、2つの独立したUPDATE文を作成し、IMPORTコマンドのAPPLY句を使用して、作成した文を条件に応じて適用します。

参照するフィールド名 exprおよびWHERE conditionalでは、入力データ レコードのフィールドは次のように参照してください。
:fieldname

fieldnameは、このUPDATE文を使用して、IMPORTコマンドが参照するレイアウトのFIELDコマンドまたはTABLEコマンドによって定義します。

WHERE condition句では、すべての基本索引列に対する等式値を明示的に指定する必要があります。

必要な権限 UPDATE文を使用するためには、tnameの表またはビューに対するUPDATE権限が必要です。
1つのインポート タスクでの複数のUPI列の指定 1つのインポート タスクで複数のUPI列を指定する場合、それらのUPI列をすべてUPDATE文のWHERE句で指定します。

この場合、WHERE句は完全に修飾されるため、Teradata MultiLoadの処理が最適化されます。

更新対象の制限 UPDATE文の対象には、結合が設定されているビューは指定できません。Teradata MultiLoadは単一表に対してのみ機能するため、UPDATE文に結合を含むことはできません。

指定できる対象は1つで、必ずBEGIN MLOADコマンドで指定されたターゲット オブジェクトを指定します。