17.10 - 使用上の注意 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表では、LOGTABLEコマンドを使用する場合に考慮すべき事柄について説明します。

LOGTABLE使用上の注意
対象 使用上の注意
dbname指定の変更 Teradata MultiLoad操作で使用するdbnameの指定を変更するためには、LOGTABLEのdbnameオプションを使用します。後続のTeradata SQLのDATABASE文は常にLOGTABLE/LOGONコマンドの後に置かなければならないため、これを使用してdbnameの指定を変更できません。
再始動ログ表の削除 Teradata Multiloadジョブが一時停止中の場合は、Teradata Multiloadでインポート タスクまたは削除タスクが完了するまで再始動ログ テーブルを削除しないでください。

詳細については、Teradata MultiLoadが作成した必須のテーブルを削除することによる影響を参照してください。

再始動ログ テーブルの管理 再始動ログ テーブルはTeradata Multiloadによって自動的に保守されます。何らかの方法でこのテーブルを操作すると、再始動ができなくなります。

ユーザーが実行できる保守操作は、再始動ログ表の削除だけです。表から行を削除することは絶対に避けてください。

再始動ログ テーブル Teradata Multiload再始動ログ テーブルとして指定するテーブルは、完全に修飾する必要はありません。
再始動ログ表の共有 複数のTeradata Multiloadジョブ間で再始動ログ テーブルを共有しないでください。ジョブを正常に実行するためには、それぞれのTeradata Multiloadジョブで専用の再始動ログ テーブルを使用する必要があります。

各Teradata Multiloadジョブに固有の再始動ログ テーブルを使用しない場合、予期しない結果が発生します。影響を受けた1つ以上のジョブを再始動できない場合もあります。

新規または既存のテーブルの指定 存在しないテーブルを指定すると、そのテーブルが作成され、Teradata Multiloadユーティリティが終了するまではそのテーブルが再始動ログとして使用されます。

既存のテーブルを指定すると、そのテーブルがチェックされて、現在のTeradata Multiloadユーティリティが再始動操作かどうかが判断されます。

LOGTABLEおよびLOGONコマンドの併用 LOGTABLEコマンドとLOGONコマンドの両方が必要です。

LOGTABLEコマンドとLOGONコマンドの指定順序は自由です。ただし、LOGONコマンドが格納されているファイルの識別に使用するRUNコマンドを除いて、その他のどのコマンドよりも先に指定する必要があります。

LOGONコマンドを最初に入力すると、LOGTABLEコマンドも必要であるという警告がTeradata Multiloadによって表示されます。

次の例は、LOGTABLEコマンドとLOGONコマンドの両方が指定されている典型的な例を示しています。

.logtable Mine.Logtable001;
.logon tdpx/me,paswd;