17.10 - プログラミング構造体 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表 に、Teradata MultiLoadとINMODまたは通知出口ルーチンとの間で通信するための、プログラミング言語ごとの構造の定義を示します。

言語別プログラミング ルーチン
ルーチンを記述する言語... 各パラメータのプログラミング構造...
アセンブラ 第1パラメータ:
RRECORD  DSECT
RTNCODE  DS   F
RLENGTH  DS   F
RBODY    DS   CLxxxxx
RBODYに指定する本文の長さxxxxxは次のようになります。
  • 32004 (Database for Windowsの場合)
  • 64004 (Database for UNIXの場合)

第2パラメータ:

IPARM    DSECT
RSEQ     DS   F
PLEN     DS   H
PBODY    DS   CL100
C 第1パラメータ:
struct {
   int Status;
   int RecordLength;
   char buffer[xxxxx];
}
char bufferに指定にするバッファの長さxxxxxは次のようになります。
  • 32004 (Database for Windowsの場合)
  • 64004 (Database for a UNIX OSの場合)

第2パラメータ:

struct {
   int seqnum;
   char parm[80];
}
COBOL 第1パラメータ:
01 INMOD-RECORD.
       03 RETURN-CODE PIC S9(9) COMP.
       03 RECORD-LENGTH PIC 9(9) COMP.
       03 RECORD-BODY PIC X(xxxxx)
RECORD-BODY指定では、本文長xxxxxは次のように指定されます。
  • 320004 (Database for Windowsの場合)
  • 64004 (Database for UNIXの場合)

第2パラメータ:

01 PARM-STRUCT.
       03 SEQ-NUM PIC 9(9) COMP.
       03 PARM-LEN PIC 9(4) COMP.
       03 PARM-BODY PIC X(80).
PL/I 第1パラメータ:
DCL 1 PARMLIST,
         10 STATUS FIXED BINARY(31,0)
         10 RLENGTH FIXED BINARY(31,0)
          10 REC CHAR(xxxxx)
REC CHARに指定する長さxxxxxは次のようになります。
  • 32004 (Database for Windowsの場合)
  • 64004 (Database for UNIXの場合)

第2パラメータ:

DCL 1 PARMLIST,
         10 SEQNUM FIXED BINARY(31,0)
         10 PLENGTH FIXED BINARY(15,0)
         10 PBODY CHAR(80)

各構造において、データ フィールドの左から右への順序が、Teradata MultiLoadのLAYOUTコマンドとそれに続くFIELDコマンド、FILLERコマンド、およびTABLEコマンドで指定されたフィールド名の順序に対応するように、レコードを構成しなければなりません。

次の表 に、通知出口ルーチンのエントリ ポイントを示します。

出口ルーチンを通知するための出口点
ルーチン言語 入口点
z/OSプラットフォーム上のIBM C _dynamn
C(UNIXおよびWindowsプラットフォーム) _dynamn
z/VMおよびz/OSプラットフォームでのCOBOLおよびPL/I DYNAMN