17.10 - 使用上の注意 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表では、IF、ELSE、およびENDIFの各コマンドを使用する場合の考慮事項について説明します。

IF、 ELSE、ENDIFの使用上の注意
対象 使用上の注意
ELSE句 条件が偽として評価されたときにコマンドを実行するには、任意指定のELSE節を使用します。
IFコマンドのネスト Teradata MultiLoadでは、最大100個の入れ子IFコマンドをサポートしています。
数値としてのConditional Expression conditional expressionは真または偽に評価される式です。

式の評価結果として数値結果が戻されるとき:

  • 0は偽として解釈されます
  • 0以外の結果は真として解釈されます
変数置換 ELSEまたはENDIFコマンドは完全な形で記述し、置換する必要のある変数だけを記述することはできません。
実行されないIF、ELSE、またはENDIF構造の後に続くコマンドと文は、構文解析されることも、変数が置換されることもありません。
IF式内の変数 conditional expressionには、ユーザー定義の変数または事前定義のシステム変数のいずれかを使用できます。