17.10 - Teradata MultiLoadコマンド規則 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下に、Teradata MultiLoadジョブ スクリプトで守るべきコマンド規則を説明します。

条件式

条件式が戻す値は次のとおりです。
  • 条件の評価がFALSE(偽)の場合は0

または

  • 条件の評価がTRUE(真)の場合は1
以下の例外を除いて、Teradata MultiLoadはTeradata SQLリファレンス マニュアルに記載されているとおりに条件式を処理します。
  • 外部データ ソースまたはTeradata MultiLoadユーティリティ変数からのレコードのフィールド名は、Teradata SQLの条件式の中のカラム名と同じである。
  • LIKE演算子は、条件式を構成する論理式ではサポートされません。NOT IN演算子はサポートされています
  • 以下の構成要素は、論理式を構成する算術式ではサポートされません。
    • 指数演算子
    • 集約演算子
    • 算術関数

オペレータ

以下の単語は論理演算子であるため、キーワードとして使用しないでください。
  • AND
  • BETWEEN
  • EQ
  • GE
  • GT
  • IN
  • IS
  • LE
  • LIKE
  • LT
  • MOD
  • NE
  • NOT
  • NULL
  • OR

レコード モードの変則ロード

レコード モードでデータをNULLABLE DATEフィールドにロードする場合、ソース データが2進整数のゼロであれば、データベースではこのフィールドがゼロではなくNULLに設定されます。

予約語

Teradata MultiLoadがサポートするコマンドは、次の例外を除いて予約語を使用しません。
  • 予約語が演算子である場合
  • ある特定の式が許されている場合
特別な制限はありませんが、以下のものを変数名として使用することは避けてください。
  • Teradata MultiLoadコマンド キーワード
  • Teradata SQLの予約語

表の列名

Teradata MultiLoad TABLEコマンドで指定したテーブルのカラム名は、引用符で囲まない標準Teradata SQLカラム名でなければなりません。

無効な列名を指定すると、次のようなエラーが発生します。
  • 埋込み空白は構文エラーを引き起こします。
  • 無効な文字は、無効な名前エラーを起こします。
  • 予約語を使用すると、その予約語を示した構文エラーが発生します。