17.10 - INMODルーチンと他のロード ユーティリティの互換性 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
IMPORTコマンドのUSING(parms)オプションとしてFDLINMODパラメータを指定することにより、FastLoadのために作成されたFDL互換のINMODルーチンを使用します。このパラメータを使用すると、次のチェックポイント機能の実行方法を除いて、互換性のあるサポート操作が提供されます。
  • Teradata MultiLoadジョブで、FROM、FOR、またはTHRUの各オプションを使用して、FDL互換のINMODルーチンからレコードの範囲を要求すると、Teradata MultiLoadはデフォルトのレコード チェックポイント処理を回避します。

    データベースで再始動/回復操作が行なわれると、Teradata MultiLoadが再始動され、処理範囲の最初から再度レコードを取得されます。

    同じ状況で、BEGIN MLOADコマンドに0以外のCHECKPOINT rateが含まれている場合、Teradata MultiLoadはエラーで終了します。

  • Teradata MultiLoadジョブでレコードの範囲を要求しない場合は、デフォルトまたはジョブ指定に従って、チェックポイント処理がTeradata MultiLoadによって実行されます。

    データベースで再始動/回復操作が行なわれ、INMODルーチンが回復をサポートしている場合、Teradata MultiLoadは最後に記録されたチェックポイントからデータの取得アクティビティを続行します。

    ただし、Teradata MultiLoadによって生成されるソースの連番は、INMODルーチンによるレコードの供給順序を正確に認識しない可能性があります。ただし、このような矛盾を除けば、データは依然として正確に適用されます。

FDL互換のINMODルーチンを、Teradata MultiLoadのIMPORTコマンドのINFILE指定とともに指定できません。

INFILE指定のINMODルーチンが指定されたとき
  • Teradata MultiLoadはファイルの読み取り操作を行ないます。
  • INMODルーチンは通過フィルタとして動作します。

FDL互換のINMODルーチンは常にファイル読み取り操作を実行する必要があるため、FDL互換のTeradata MultiLoadのINMODルーチンと" のINFILE指定の組み合わせは無効です。