17.10 - 使用上の注意 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表 では、LAYOUTコマンドを使用する場合の考慮事項について説明します。

LAYOUT使用上の注意
対象 使用上の注意
CONTINUEIFおよびINDICATORS処理 CONTINUEIFとINDICATORSの両方が指定されているとき
  • INDICATORS処理を実行する前にすべてのCONTINUEIF指定がTeradata Multiloadによって処理される。
  • CONTINUEIFの列がposition1から始まる場合、すべての標識バイトはCONTINUEIF列の後ろに設定される。
後に続く必須コマンド LAYOUTコマンドのすぐ後に続けて、FIELDコマンド、FILLERコマンド、TABLEコマンドの組合わせを記述する必要があります。この一連のコマンド(layoutnameとして参照される)によって、1つ以上のクライアント データ ソースに含まれる1つ以上のレコード形式を記述できます。(FIELDコマンド、FILLERコマンド、およびTABLEコマンドの再定義オプションを参照してください。)

LAYOUTコマンドのシーケンスは、後に続くFIELD、FILLER、またはTABLEコマンド以外のコマンドによって終了します。

複数のTeradata MultiLoadタスクでの同じLAYOUTコマンドの使用 以下の条件を満たせば、複数のTeradata MultiLoadタスクで同じlayoutnameを参照できます。
  • 1つのジョブ ステップで、各タスクがBEGIN MLOADコマンドおよびEND MLOADコマンドで区切られている
  • LAYOUTコマンドが、それを参照するすべてのIMPORTコマンドの前にある