17.10 - Teradata MultiLoad" ジョブ中断後の再初期化 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata MultiLoadジョブがアプリケーション フェーズの前後に終了した場合、そのジョブをそのまま中止するためには、次の手順に従って、ターゲット表へのアクセスを復元する必要があります。

  1. 打ち切ったTeradata MultiLoadジョブに関連する表の削除権限を持つデータベースのユーザーIDを使用し、BTEQにログオンします。
  2. 打ち切ったTeradata MultiLoadジョブに対し、BEGIN MLOADコマンドのTABLES句で指定されていたすべてのターゲット テーブルを指定して、RELEASE MLOAD文を実行します。

    RELEASE MLOAD文が失敗した場合、Teradata MultiLoadジョブはアプリケーション フェーズで終了したことを意味します。この場合は、Teradata MultiLoadジョブを中止できません。ジョブを再始動して最後まで実行する一時停止したTeradata MultiLoadジョブの再始動ジョブの中止またはクライアント システム障害の後の再始動の手順を使用してください。

    さらに、表に永久ジャーナルが指定されている場合、この表を復元するためには、挿入または選択操作(アクセス ロック付き)を使用して、ターゲット表から一時的な表にデータをコピーします。その後、ターゲット表を削除し、ターゲット表の元の名前で一時的な表を名前変更します。

  3. RELEASE MLOAD文が正常に実行された場合は、打ち切ったTeradata MultiLoadジョブに対してTeradata SQLのDROP TABLE文を実行し、BEGIN MLOADコマンドのWORKTABLESオプションとERRORTABLESオプションで指定されていた作業テーブルとエラー テーブルを削除します。
    表が明示的に定義されていなかった場合は、SYSPRINT出力で、UTY0812/UTY0815/UTY0817の一連のメッセージの続きの部分を参照してください。
  4. DROP TABLE文を実行し、打ち切ったTeradata MultiLoadジョブのLOGTABLEコマンドで指定した再始動ログ表を削除します。