17.10 - パフォーマンスに関する考慮事項 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

入力行を処理している場合、Teradata MultiLoadジョブ中にクライアント処理の大部分が発生します。行をデータベースに送信するためには、入力行を一括して出力行に移動するのが最も効率的な方法です。

ただし、多くの場合は、各フィールドを評価して、フィールド データを個々に入力行から出力行に移動する必要があります。ただし、次の点に注意してください。各フィールドを評価したり、各フィールドを個々に移動したりする必要がある場合には必ず、パフォーマンスが影響を受けます。

以下のシナリオの場合、入力行から出力行に個々のフィールド データを移動する必要があります。
  • FIELD文のDROP構文
  • FILLERフィールド
  • 連結フィールド
  • 複雑なレイアウト(最初のフィールドは可変長フィールド、フィールド位置の再定義)

可変長フィールド、レイアウト内のNULLIF、およびAPPLY WHERE句では、さらにCPUの消費が必要となる場合もあります。