17.10 - ジョブの中止またはクライアント システム障害の後の再始動 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
クライアント システムの障害または再始動の後にTeradata MultiLoadジョブが中止または停止された場合、これを再始動する方法は、Teradata MultiLoadジョブが停止したのがアプリケーション フェーズの途中かどうかによって異なります。
  • Teradata MultiLoadジョブがアプリケーション フェーズの前後に終了した場合、そのジョブ スクリプトに変更を加えずにMultiLoadジョブをそのまま再始動します。Teradata MultiLoadは再始動ログ テーブルの項目から停止時点を判断し、そこから処理を再開します。

    BEGIN MLOADコマンドは、複数の手順からなるジョブの最初の手順です。Teradata MultiLoadジョブに関連するテーブルまたはデータベースを修正するコマンドを再実行すると、そのテーブルやデータベースが破壊される可能性があります。

    Teradata MultiLoadジョブを再始動する前に、Teradata MultiLoadの再始動ログ表、作業表、またはエラー表を修正したり削除したりしないでください。
  • MultiLoadジョブがアプリケーション フェーズ中に停止した場合、そのジョブを再始動して、最後まで実行します。まず、Teradata MultiLoadジョブの中止に関係する問題を解決し、それからTeradata MultiLoadジョブを再始動します。
    ただし、再始動手順はジョブが停止した状況の重大度によって異なります。
    • 再始動ログ表が削除されている場合は、CREATE TABLE文を使用して新しい再始動ログ表を作成し、以下のz/OSの例にあるように、OVERRIDEパラメータを使用してTeradata MultiLoadジョブを再実行します。
        //    EXEC MLOAD, PARM='OVERRIDE'
    • ターゲット表、作業表、またはエラー表のいずれかが損失したり破壊されたりしている場合は、データベースからターゲット表を削除し、バックアップ ファイルからターゲット表を復元します。この場合は、残りの作業表、エラー表、および再始動ログ表も削除し、Teradata MultiLoadジョブを新規ジョブとして再実行します。
    • Teradata MultiLoadジョブ スクリプトが失なわれた場合は、以下の短縮スクリプトを使用してジョブを再始動します。
      .LOGON tdpid/userid/password;
      .LOGTABLE logtablename;
      .BEGIN MLOAD . . . ;
      .END MLOAD;
      .LOGOFFs

      BEGIN MLOADコマンドは、元のジョブのターゲット表、作業表、およびエラー表をすべて識別する必要があります。また、これらの表は、すべてが元のままで破壊されていないことが必要です。短縮スクリプトを実行すると、Teradata MultiLoadは作業表内のチェックポイント マーカーを使用してアプリケーション フェーズの停止地点からタスクを再始動します。