17.10 - ファイルの要件 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表 には入力データ ソースにアクセスするためにTeradata MultiLoadが使用するデータ セット/ファイルや入出力デバイスを示します。

データ セット、ファイルおよびデバイス
データ セット/ファイルまたはデバイスの種類 機能
構成 Teradata MultiLoadユーティリティのデフォルト値を指定するオプション ファイル
標準エラー Teradata MultiLoadエラーの出力先
標準入力 Teradata MultiLoadジョブを構成するTeradata MultiLoadコマンドおよびTeradata SQL文
標準出力 Teradata MultiLoadの応答およびメッセージの出力先

対話モードでTeradata MultiLoadを実行している場合、端末のキーボードが標準入力デバイスとして機能し、ディスプレイ画面が標準出力/エラー デバイスとなります。バッチ モードでTeradata MultiLoadを実行する場合は、これらの機能ごとにデータセットまたはファイル名を指定します。これを行なう方法は、クライアント システムの構成によって様々です。

  • ワークステーション接続クライアント システムの場合は、ユーティリティの起動時に推奨されるアプローチである標準リダイレクト メカニズム( infilenameおよびoutfilename)を使用して、各Teradata MultiLoadスクリプト ファイルを指定する。Teradata MultiLoadスクリプト ファイルは、ユーティリティの起動時にTeradata MultiLoadに渡すこともできます。
  • メインフレーム接続クライアント システムの場合は、ユーティリティを起動する前に、標準z/OS JCL制御文(DD)を使用してTeradata MultiLoadデータセットまたはファイルを割り当ておよび作成する。