17.10 - 一時停止したTeradata MultiLoadジョブの再始動 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

一時停止したTeradata MultiLoadジョブとは、Teradata MultiLoad操作の取得フェーズの途中で、完了する前に停止したMultiLoadジョブを指します。一時停止状況は、意図的に発生させる場合もありますし、システム障害やエラー状況の結果として発生することもあります。

Teradata MultiLoadジョブ スクリプトのBEGIN MLOADコマンドとEND MLOADコマンドの間でPAUSE ACQUISITIONコマンドを使用すると、Teradata MultiLoadジョブを意図的に一時停止します。

Teradata MultiLoadジョブが意図せずに一時停止する可能性のある条件には、次のものがあります。

  • Teradata MultiLoadジョブ スクリプトのエラー
  • 回復不能な入出力エラー
  • ダウン状態のAMPの回復
  • データベースの再始動
  • データベース システムの再構成
  • ジョブの中止またはクライアント システム障害

以降の各トピックでは、様々な一時停止状況、Teradata MultiLoadの再始動の操作に影響する要素、およびTeradata MultiLoadジョブを再始動するための手順(該当する場合)について説明します。

データ取得フェーズの途中でTeradata MultiLoadジョブを中止し、誤って別のデータでジョブを再始動すると、Teradata MultiLoad ではこの新しいデータを有効と認識しません。ターゲット テーブルの損壊を避けるため、必ず同じデータを使用します。

チェックポイント情報には、データ署名が入っています。このデータ署名は再始動中に検証され、再始動の開始時に新しいエラーを生じる場合があります。