16.20 - トランザクション ロールバックの作業 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ロールバックとは、問題が発生したために完了していないデータベース トランザクションを取り消すことです。以下のために、トランザクションは完了に失敗し、アボートされる可能性があります。

  • 問合わせのデッドロック
  • データベースの再始動
  • ABORT SESSIONコマンド

ロールバックでは、関連のユーザー テーブルから、部分的にしか完了していないデータベース更新がすべて除去されます。システムはTJ (dbc.transientjournal)を使用します。このTJには、データの整合性を維持するために、変更されたテーブルの各行の「変更前イメージ」を含む、不完全なトランザクションに関するデータが保持されています。

また、データのアーカイブ、復元、および回復: 操作DBAのロールバック トピックも参照してください。