16.20 - データベース ログの保守方法 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
データベース ログを保守する方法にはいくつかあります。
方法 使用 情報
Teradata Viewpoint監視対象システム ポートレット、ログ テーブルのクリーンアップおよびクリーンアップ スケジュールメニュー 特定のログのクリーンアップ用に構成し、クリーンアップ間隔を指定します。 この方法ではログ データはアーカイブされません。 この方法または次の方法を使用してもデータ ディクショナリが自動的にクリーンアップされるため、いずれかの方法を選択します。 Teradata Viewpointを使用した古いログ データの削除を参照してください。
Teradata Viewpoint、パフォーマンス データの収集ポートレット ログ データをPDCR履歴テーブルにアーカイブし、ログ ファイルをクリーンアップします。この方法または前の方法を使用してもデータ ディクショナリが自動的にクリーンアップされるため、いずれかの方法を選択します。 PDCRログの自動メンテナンスの設定を参照してください。
手動、SQLを使用してテープにバックアップ ファイルをテープにコピーし、特定の日付より古いログ内のオブジェクトを削除します。 システム テーブルからの古いログ データの手動削除を参照してください。