16.20 - クライアント ユーティリティとASEの併用について - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

下記のテーブルに示したユーティリティおよび変数を除き、ログオンするときに標準のTeradata Databaseインターフェースを使用する、次の任意のユーティリティでASEを使用できます。

  • BTEQ
  • FastLoad
  • MultiLoad
  • Teradata Parallel Transporter
  • TPump (&Tを除く)
  • FastExport
  • Teradata Studio

例外は、以下のテーブルに説明するとおりです。

使用しないもの 一緒に使用しないもの 理由
TPump &T &Tは、ほとんどすべてのSQL文のAMPUsageで行を生成します。
PMPC文 すべてのASEコード 生成されたリクエストは構文解析されず、代入変数は拡張できません。
ARC すべてのASEコード ARCは次の2種類のリクエストを生成します。
  • 構文解析を実施してASE変数を拡張するSQLタイプ
  • 構文解析を回避するARCMAINからAMPへの直接リクエスト。結果として、代入変数は拡張されないため、DBC.AMPUsageの行には、予想される日付、時間、およびタイムスタンプ値以外のリテラルASEコードが含まれます。