16.20 - クライアント サーバー アプリケーションの接続性 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

埋込みSQL文を実行するアプリケーションは、クライアント システム上で実行するTeradata Preprocessor2でプリプロセスする必要があります。

SQLCHECK (-sc)オプションをNOSYNTAXに指定すれば、Teradata Databaseに接続せずに、アプリケーションに対してプリプロセッサを実行できます。ただし、アプリケーションをプリコンパイルして実行するためには、プリコンパイルおよび実行時イベント用に、別のTeradata Database接続が必要となります。

埋め込みSQL文でTeradata Databaseのアプリケーションを準備、プリコンパイル、および実行する方法については、<Teradata Vantage™ SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL、B035-1148>および<Teradata® Preprocessor2埋め込みSQLプログラマ ガイド、B035-2446>を参照してください。

以下も参照:
  • Teradata® CLI V2リファレンス-ワークステーション接続システム、B035-2418
  • Teradata® CLI V2リファレンス-メインフレーム接続システム、B035-2417