16.20 - 保存に関する考慮事項 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の場合、Teradataクラッシュダンプ テーブルを自動的に保存することはできません。

  • ctl Save Dumps設定がオフになっている。
  • AMPがダウンしており、FALLBACKがCrashdumpsデータベースに対し定義されていない。フォールバックは自動的に定義されるため、これはフォールバックに対し最適化されているプラットフォームでは発生しません。
  • Teradata Databaseシステムが起動されていない。
  • 十分な領域がない。

ただし、CSPユーティリティを使用してクラッシュダンプを手動で保存することはできます。 詳細は、手動でのTeradataクラッシュダンプのCrashdumpsデータベースへの保存を参照してください。