16.20 - BEGIN QUERY CAPTUREとBEGIN QUERY LOGGINGの関係 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

BEGIN QUERY CAPTUREリクエストは、常にBEGIN QUERY LOGGINGリクエストよりも優先されます。BEGIN QUERY LOGGINGリクエストを送信したとき、同じユーザーに対するアクティブなBEGIN QUERY CAPTUREリクエストがすでに存在する場合、すべてのセッションで、そのユーザーに対する問合わせロギングが実行されます。ただし、CAPTUREセッションと問合わせキャプチャ セッションでは、引き続き問合わせがキャプチャされます。

このことは、BEGIN QUERY LOGGING文がキャプチャ セッションで発行されたか、その他のセッションから発行されたかに関係なく当てはまります。BEGIN QUERY CAPTUREリクエストを送信したとき、同じユーザーに対するアクティブなBEGIN QUERY LOGGINGリクエストがすでに存在する場合は、この逆のことが当てはまります。問合わせキャプチャはキャプチャ セッションで実行され、ユーザーの問合わせロギングは他のすべてのセッションで継続されます。