16.20 - ゾーン システムでの問合わせロギング権限について - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ゾーン レベルの問合わせロギングにより、ゾーンのデータベース管理者は各自ゾーンでのユーザー問合わせを監視できます。ゾーン メンバーは、各自のゾーン内のオブジェクトでのみ問合わせロギングを有効にできます。問合わせロギング権限は以下のようになります。

ユーザーの種類 可能なBEGIN/REPLACE/SHOW/END問合わせロギング
  • ユーザーDBC
  • DBC.DBQLAccessMacroでZoneBypass権限とEXECUTE権限を持つ非ゾーン ユーザー
システム レベル。これらのユーザーはゾーン オブジェクトと非ゾーン オブジェクトで表示、実行できます。

これらのユーザーは、ゾーン ユーザーによって作成されたゾーン レベルのロギングを終了できません。

DBC.DBQLAccessMacroでEXECUTE権限を持つゾーン ユーザー ゾーン レベル。このユーザーは、自身のゾーン内のオブジェクトでのみ表示、実行できます。このユーザーがBEGIN QUERY LOGGING ON ALLを発行する場合、このユーザーのゾーン内のオブジェクトのみにロギングが行なわれます。
DBC.DBQLAccessMacroでEXECUTE権限を持つ非ゾーン ユーザー 非ゾーン レベル。このユーザーは、非ゾーン オブジェクトのみで表示、実行できます。