16.20 - 再ドライブの制限事項 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • 再ドライブによりデータベースの再始動化が隠される対象は、SQLパーティション内で実行されているリクエストだけである。
  • UDFまたは外部ストアド プロシージャがTeradata Databaseに対して外部のデータを変更する場合、その関数またはプロシージャが関与するリクエストは再ドライブできない。
  • SELECT AND CONSUMEリクエストが行の消費を待っている間にデータベースの再始動が生じると、その再始動はアプリケーションから隠されるが、順番を待っているリクエストは再始動時と同じ順序にはならない。
  • PEノードが失敗した場合、失敗したノードにログオンしていたアプリケーションから再始動は隠されない。
  • 次の時点でデータベースの再始動が生じた場合は、再始動を隠すことはできない。
    • ストアド プロシージャの実行中。
    • 明示的なTeradataトランザクションまたはANSI/ISOトランザクションの最初のリクエスト後、かつそのトランザクションがデータベースDBC内のテーブルに対してWRITEロックか排他的ロックを行なった場合。
    • AMP上でリクエストがコミットされた後、かつPEにそのコミットを通知する前。