16.20 - クエリー バンドとプロキシ ユーザーについて - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

中間層のアプリケーションを使用して、アプリケーションのエンド ユーザーの代わりにTeradata Databaseに対するリクエストを実行する場合は、SET QUERY_BAND文を使用します。SET QUERY_BAND文は、セッションのアクティブ ユーザーを調整し、PROXYUSERおよびPROXYROLEの名前と値の組に基づいて、確認と監査を行なう権限を許可します。システムは、指定したプロキシ ユーザーとして接続する現在のユーザーまたはロールの権限を検証します。

プロキシ接続は、クエリー バンドの存続期間中継続します。セッションのクエリー バンドは、セッションが終了するか、クエリー バンドがNONEに設定されるまで、設定されたままになります。

セッションのクエリー バンドは、セッション テーブルに格納され、システムがリセットされると回復します。トランザクションのクエリー バンドは、トランザクションが終了すると(コミット、ロールバック、またはアボート)、またはトランザクションのクエリー バンドがNONEに設定されると、破棄されます。トランザクションのクエリー バンドは、システムのリセット後は回復されません。