16.20 - 進行中のロールバックの検出 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ロールバックのセッションは、DBC.LogOnOffVおよびDBC.AccessLogVの両方でログオフしたように見えるかもしれませんが、必ずしもそうとはかぎりません。ログオフは、ジョブがアボートされた方法に依存しています。以下のいずれかを指定したとします。

ABORT SESSION hostid.username LOGOFF
ABORT SESSION *.username LOGOFF
ABORT SESSION hostid.* LOGOFF

その場合、LOGOFFオプションを付けることによってセッションが終了します。

オプションを付けないと、セッションはアボートが完了するまで、またはSupervisorがLOGOFFリクエストを出すまで継続します。そうしないことをSQLジョブで明示的にコード化しないかぎり、セッションはシステムが再始動した場合にもログオフしたように見えます。

ロールバックまたはアボートはセッションとは独立しています。それは実際には、内部で割り振られるAMPワーカー タスクとは全く異なるメカニズムで処理されます。