16.20 - Teradataクラッシュダンプを強制するためのコマンド - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のいずれかの方法を使用してリブートを発生させずに、Teradata Databaseを再起動することができます(強制Teradataクラッシュダンプも参照)。

  • DBWで、Supervisor(スーパーバイザー)ウィンドウのアイコンを開き、次のコマンドを入力します。
    restart tpa dump=yes comment

    ここで、commentは、再起動する予定がある理由を説明するテキストです。

    TeradataクラッシュダンプとCOLDまたはCOLDWAIT再始動が実行されます。(詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>の「Vproc Manager (vprocmanager)」の「RESTART」を参照してください)

  • Teradataコマンド プロンプト ウィンドウにアクセスして、tparesetコマンドを入力できます。
    tpareset -d comment

    tparesetコマンドには、基本的にDBWのrestartコマンドと同じ効果があります。

    -dオプションは、Teradataクラッシュダンプを強制します。

    COLD再始動とTeradataクラッシュダンプが実行されます。

どのコマンドの実行を選択しても、確認のプロンプトが表示されます。