16.20 - バックグラウンド - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Mainframe Interfaceは、パラレルまたはシリアルの入出力インターフェースを持つチャネルを使用して、メインフレーム クライアントとTeradata Databaseサーバー間の通信を可能にします。Extended Channel Solution(ECS)の場合、Teradata Mainframe Interfaceは、チャネルとTCP/IPを使用します。

ECSインターフェースの内容:

  • チャネル デバイスを管理し、Teradata Databaseと通信するTPAノードのTCHNソフトウェア
  • チャネル書き込みブロックをカプセル化し、TCP/IP経由でTeradataシステムに送信するECSノード上のAPSVソフトウェア


Teradata Channel Interfaceハードウェアおよびドライバは、TPAノードまたはExtended Channel Solution(ECS)ノードにある場合があります。ECSノードには以下の利点があります。

  • アダプタの障害によるTeradata停止のリスクを低減できます
  • Teradata Databaseシステム内でより多くのノードに対するメインフレーム接続を改善できます
  • Teradata Databaseをメインフレームに接続するユーザーはより多くのオプションが選択できます

現在のプラットフォームは、PEFA—PCIバスFICONホスト チャネル アダプタを使用して接続できます。