16.20 - データベースとユーザーが使用する領域 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

新規にインストールされたシステムでは、当初ユーザーDBCがデータベースのすべての領域を所有しています。 Teradataでは、DBCに属する特別な管理ユーザーを作成し、その特別な管理ユーザーからデータベースおよびユーザーを作成することを推奨します。



オブジェクトを作成、またはデータ行を挿入する際に、必要に応じて、直接所有者である管理ユーザーの固定領域から領域が割り当てられます。 管理ユーザーがデータベースおよびユーザーを作成するための権限をユーザーに付与する場合、それらのデータベースとユーザーは、割り当てられた量の領域のみ使用できます。

追加のデータベースまたはユーザーの作成時には、常に固定領域の制限を割り当てる必要があります。(容量の制限は、テーブル レベルではなく、データベース レベルまたはユーザー レベルで定義します。)MODIFY DATABASE/USER文でも、データベースとユーザーに割り当てる一時領域、スプール領域、および固定領域の最大サイズの制限を指定できます。

すべてのデータベースとユーザーには、一時領域、スプール領域、および固定領域の上限があります。 さまざまな領域の種類については、領域の管理: 操作DBAを参照してください。

適切な領域を確保するには、グローバル領域アカウント処理を使用する方法があります。 詳細は、グローバル領域のアカウント処理についてを参照してください。