16.20 - テーブルの削除 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルを削除するためには、以下のいずれかの文を使用します。

削除するテーブル 使用する文
永久データ テーブル DROP TABLE。

テーブルを削除しても、削除したテーブルを参照していたビュー、マクロ、関数、ストアド プロシージャは削除されません。 参照は明示的に削除または変更する必要があります。

トリガー、ハッシュ インデックス、結合インデックスを使用して定義したテーブルは削除できません。 まずインデックスまたはトリガーを削除してから、テーブルを削除します。

実体化されたグローバル一時テーブル(セッション終了前) DROP TEMPORARY TABLE。
Teradata Databaseは、セッション終了時に、実体化された一時テーブルをすべて自動的に削除します。
セッション終了前の揮発テーブル DROP TABLE。
グローバル一時テーブルの定義 DROP TABLE。