16.20 - Teradataゲートウェイ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ゲートウェイ ソフトウェアは、ネットワークとTeradata Databaseのインターフェースです。同ソフトウェアは、別個のオペレーティング システム タスクとして、Teradata Databaseサーバー上で稼働します。ゲートウェイを介してTeradata Databaseと通信するクライアント セッションは、ワークステーションにインストールされ、実行されます。

対照的に、メインフレーム接続のシステムから生じるセッションは、メインフレーム接続とTDPソフトウェアを介してTeradata Databaseにアクセスし、ゲートウェイを完全に回避します。

以下のテーブルに、ゲートウェイの管理に使用できるツールについて説明しています。

ツール 名前 機能
Gateway Controlユーティリティ gtwcontrol Teradataフィールド サポート エンジニアのみが、以下の目的で使用することを推奨します。
  • 一部のユーザー名の形式を決定する。
  • セキュリティ機能を構成する。
  • ゲートウェイ リソースの使用状況を制御する。
  • ゲートウェイ問題の調査

詳細については、<Teradata Vantage™ NewSQLエンジンのセキュリティ管理、B035-1100>を参照してください。

Gateway Globalユーティリティ gtwglobal
  • ネットワーク セッションおよび通信量のモニター
  • ログオンの使用不可
  • 不正なセッションの強制終了
  • ゲートウェイ問題の調査
データ ディクショナリ テーブル DBC.EventLog このテーブルは、セッション制御で見つかったログオン イベントおよびログオフ イベントのエントリを記録します。これには、セッション制御以外で検出されたログオンの失敗も含まれます(Gatewayが認証失敗を受け取った場合など)。