16.20 - DIPCRASHによるDBC.Crashdumpsのアドホック作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

システム インストール中にスクリプトが正しく実行および設定されていない可能性があるため、DIPCRASHスクリプトをDIPユーティリティから実行する場合があります。

クラッシュダンプが存在することを確認するには、次の文を実行します。

HELP DATABASE CRASHDUMPS;

データベース テーブルが存在するがデータが含まれていない場合、次のメッセージが表示されます。

Empty HELP information returned.

データベース テーブルが存在しない場合、テーブルが存在しないことを警告するエラー メッセージが表示されます。データベース テーブルを作成する場合、DIPユーティリティを実行し、DIPCRASHスクリプトを実行します。

DBWのSupervisor(スーパーバイザー)ウィンドウからDIPユーティリティを起動することができます。

DBCにクラッシュダンプの作成に十分な領域があり、さらに最大サイズの一時ジャーナルおよびとオーバーヘッドに十分な領域を保持していることを確認します。

クラッシュンダンプに割り当てられる固定領域の量は、DBCユーザーの現在利用可能な領域から差し引かれます。

DIPの実行については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>の「データベース初期化プログラム(DIP)」を参照してください。