16.20 - DBQLデータのアーカイブ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBQLテーブル アーカイブをPPIテーブルとして定義している場合、以下を行ないます。

  1. DBQLデータを毎晩アーカイブします。これは、DBQLログがDBCの領域を使い果たしてシステムに影響を及ぼさないようにするために、強く推奨されます。
  2. 各行にログ データを追加します。ログ データはパーティション列として使用され、アーカイブされたデータの問合わせが非常に高速になります。
  3. プライマリ インデックスを変更します。これは、テーブルのスキューを回避するためです。

また、履歴データを価値のない問合わせから分離して、DBQLテーブル アーカイブをより簡潔にすることもできます。