Teradata PTスキーマでのLOBデータの定義 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2019年9月
Language
日本語
Last Update
2020-01-29
dita:mapPath
ja-JP/whl1527114222314.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
B035-2436
Product Category
Teradata Tools and Utilities

Teradata PTスキーマでLOBデータをBLOBまたはCLOBのいずれかとして定義する構文を以下に示します。

  • BLOB(lengthBytes)またはCLOB(lengthBytes)

    この構文は、Teradata PTのロードまたは抽出ジョブがインライン メソッドを使用して、Teradata PTとTeradata Databaseの間でLOBデータを転送することを意味します。

  • BLOB(lengthBytes) AS DEFERRED BY NAMEまたはCLOB(lengthBytes) AS DEFERRED BY NAME

    この構文は、遅延メソッドを使用してLOBデータを転送することを意味します。

    LOB列がスキーマでDEFERRED BY NAMEとして定義されていると、Teradata PTは、データ行に遅延LOB列の代わりに通常のVARCHARを想定します。 各VARCHARは、遅延LOB列に対する実際のデータが含まれるフラット ファイルのファイル名です。 Teradata PTでは、このVARCHARをLOBファイル ロケーターと呼びます。