Teradata PTジョブ スクリプトのUpdateオペレータ関数 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2019年9月
Language
日本語
Last Update
2020-01-29
dita:mapPath
ja-JP/whl1527114222314.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
ogv1478610452101
Product Category
Teradata Tools and Utilities

UpdateオペレータをTeradata PTジョブで使用すると、Updateオペレータの各並列インスタンスは以下のことを実行します。

  1. ジョブ スクリプトで指定されているユーザー名、パスワード、Teradata Database、およびアカウントID情報を使用して、Teradata Databaseにログオンします。
  2. Teradata PTデータ ストリームのデータをTeradata Databaseにロードします。
  3. Teradata Databaseからログオフします。
  4. Updateオペレータのジョブが成功した場合、ジョブを終了して、次のようなジョブに関する情報をログかユーザーに提供します。
    • Teradata Databaseに送信されたレコードの合計数
    • エラー テーブルにポストされたエラーの数
    • 適用されたInsert、Update、およびDeleteの数
    • ジョブの成功を示すステータス コード
  5. ジョブが失敗した場合、ジョブを終了し、問題を修正してジョブを再始動できるように、ジョブに関する情報を提供します。