通知出口ルーチン - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2019年9月
Language
日本語
Last Update
2020-01-29
dita:mapPath
ja-JP/whl1527114222314.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
ogv1478610452101
Product Category
Teradata Tools and Utilities

Load、Export、Update、およびStreamオペレータは通知出口ルーチンをサポートします。 通知出口ルーチンは、ジョブの実行時に特定の重大なイベントが発生した場合に実行する事前定義のアクション、例えば、ロード ジョブの成否、ロードされたレコード数、失敗したジョブの戻りコードなど、を指定します。 メイン インスタンスのみが通知イベントを送信します。

ジョブは発生する特定のイベントに関するオペレーショナル情報を集積します。 NotifyMethod属性がExitメソッドを指定する場合、特定のイベントが発生すると、オペレータは名前付き通知出口ルーチンを呼び出し、次のものを渡します。

  • イベントを識別するイベント コード
  • イベントに関する特定の情報
既存のTPT関数名は、ユーザーの通知出口で使用しないでください。ユーザーの出口にある既存のTPT関数名を使用すると、TPTジョブの通常の動作が予期しない結果となり、リクエストが正常に完了しない原因になります。