MultiLoad INMOD Adapterオペレータの機能 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2019年9月
Language
日本語
Last Update
2020-01-29
dita:mapPath
ja-JP/whl1527114222314.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
ogv1478610452101
Product Category
Teradata Tools and Utilities

MultiLoad INMOD Adapterオペレータを使用することで、Teradata MultiLoadユーティリティのINMODルーチンをTeradata PTとともに使用できます。 このオペレータは、Producerオペレータとしても、フィルタ オペレータとしても使用できます。

INMODという用語は、"input modification"の略語です。INMODルーチンはユーザー出口ルーチンで、MultiLoad INMODアダプタはこのルーチンを呼び出すことにより、Teradata Databaseに送信する前の入力レコードに対して、強化された処理機能を実行することができます。

MultiLoad INMODルーチンをMultiLoad INMOD Adapterとともに使用することにより、クライアント システムのファイルからの入力データ値を読み取りおよび前処理することができます。

MultiLoad INMODルーチンの作成と使用については、<Teradata MultiLoad リファレンス、B035-2409>を参照してください。

次の2つの図は、Producerオペレータまたはフィルタ オペレータとしてのMultiLoad INMOD Adapterオペレータを示します。

ProducerオペレータとしてのMultiLoad INMOD Adapterオペレータ

フィルタ オペレータとしてのMultiLoad INMOD Adapterオペレータ

MultiLoad INMOD Adapter Adapterオペレータ オペレータとして使用するには、このオペレータをDEFINE OPERATOR文でTYPE MULTILOAD INMOD FILTERと定義してから、VIA句を使用してAPPLY文でこのオペレータを呼び出します。VIA句の使用方法については、オブジェクト定義とAPPLY文を参照してください。
既存のTPT関数名は、ユーザーのINMODでは使用しないでください。ユーザーのINMODで既存のTPT関数名を使用すると、TPTジョブの正常な動作が予期しない結果として動作し、リクエストが正常に完了しない可能性があります。