16.20 - ユーザーのセキュリティ制約を変更する方法 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

MODIFY USER文でユーザーのセキュリティ制約割り当てを変更できます。指定するセキュリティ制約に応じて、次のようになります。

  • 現在ユーザーに割り当てられていないセキュリティ制約を指定した場合は、既存の制約にその制約が追加されます。
  • すでにユーザーに割り当てられているセキュリティ制約を指定した場合は、既存の仕様が新しい仕様で置き換えられます。
  • すでにユーザーに割り当てられているセキュリティ制約を指定して、その後にキーワードNULLがある場合は、その制約の割り当てがユーザーから削除されます。