16.20 - 例: 不正なユーザー エラー - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

この例は、IDマッピングにより存在しないオブジェクトを識別するFQDNが取得される場合、またはマップされたディレクトリ オブジェクトにuserPassword属性が欠落しているまたはクリアテキスト データ以外のデータが格納されている場合に起こるエラーを示しています。

マップされたFQDNから既存のオブジェクトが特定されない場合、ユーザー名が間違って入力されているか、オブジェクトがディレクトリに存在しないことになります。 ユーザー名が間違って入力されている場合は、正しいユーザー名でコマンドを再度実行してください。 問題が解消されない場合、ディレクトリ管理者に依頼して、マップされたオブジェクトのuserPassword属性の内容をクリアテキスト値に入れ替えてもらい、新しいパスワードを使用してコマンドを再度実行してください。

$ ldapsearch -D diperm01@testing -H ldap://esroot -b "" -s base -W -Y DIGEST-MD5 -Z
Enter LDAP password:
Invalid credentials
additional info: SASL(-13): user not found: no secret in database
$