16.20 - DefaultMechanism - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

ユーザー ログオンでメカニズムが指定されていない場合、TDGSSはデフォルトのメカニズムを使用します。TDGSSがセッションのメカニズムを決定する方法については、ログオンするための認証メカニズムを決定するを参照してください。

デフォルト プロパティ値

Teradata Database構成ファイルで、TDGSSはこのプロパティの値をTD2の場合はyesに、それ以外のメカニズムの場合はnoに設定します。TDGSSはクライアント構成ファイルにデフォルトのメカニズムをプリセットしません。

有効な設定値

設定 説明
yes このメカニズムはデフォルトです。
no このメカニズムはデフォルトではありません。

編集ガイドライン

  • Teradata Databaseノード、Teradataクライアント、およびUnityサーバーでDefaultMechanismプロパティを設定することができます。
  • Teradata Databaseシステムでは、1つのメカニズムのみをデフォルトとして設定できますが、クライアントごとに異なるデフォルトのメカニズムを指定できます。
  • 新しいデフォルト メカニズムを指定する場合は、従来のデフォルト メカニズムについてこのプロパティをnoに設定します。
  • デフォルト メカニズムを指定しない場合、または非デフォルトのメカニズムを使用する必要がある場合は、ユーザーはメカニズムを指定しなければなりません。