16.20 - OVERRIDE権限について - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

CONSTRAINTオブジェクトがSQL DML操作のUDFを定義していない場合は、OVERRIDE権限またはOVERRIDE operation権限を持っているユーザーのみが操作を実行できます。

手動で制約列値を入力または更新するには、current_sessionパラメータの(実行中のUDFによる)自動利用をバイパスして、制約列値を設定するためのOVERRIDE権限をユーザーが持っている必要があります。

ロード/エクスポート ジョブを実行するユーザーは、ロード/エクスポート操作を完了するのに必要なすべての行にアクセスできるようにするためにOVERRIDE権限を必要とする可能性があります。

OVERRIDE権限をユーザーに付与するとRLS制約の実施をバイパスできるようになります。OVERRIDE権限は以下に適用できます。

  • データベース、テーブル、または列
  • 一部またはすべてのSQL DML操作タイプ
  • 一部またはすべてのARC操作タイプ
  • 一部またはすべてのセキュリティ制約
  • 1つ以上のユーザー、ロール、または外部ロール
付与する側のユーザーには、システム レベルのCONSTRAINT ASSIGNMENT権限が必要です。
OVERRIDE権限の付与または取り消しは、次回のユーザー要求時に反映されます。