16.20 - UseLdapConfig - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval
UseLdapConfigプロパティは、TDGSSが基本メカニズム構成のプロパティ値を使用するか<LdapConfig>セクションの値を使用するかを決定します。LdapConfigセクションを使用して次の構成を行なうことができます。

デフォルト プロパティ値

デフォルト値はnoです。

有効な設定値

設定 説明
no (デフォルト) TDGSSは、ベース メカニズムに含まれている構成を使用します。
yes TDGSSは、LdapConfigセクションに含まれている構成を使用します。

編集ガイドライン

  • UseLdapConfigプロパティはTdgssLibraryConfigFile.xmlにデフォルトで表示されます。プロパティを使用する場合は、各メカニズムについてプロパティを複数のディレクトリ サービスからユーザーが認証/許可される際に使用されるTdgssUserConfigFile.xmlにコピー、値をyesにリセットする必要があります。
  • このプロパティはデータベース ノードおよびUnity上で構成することができます。 Unityのメカニズム プロパティ値の統合も参照してください。
  • UseLdapConfigプロパティをTdgssUserConfigFile.xmlにインポートして値をyesにリセットする場合は、TdgssUserConfigFile.xmlに有効な<LdapConfig>セクションが含まれている必要があります。含まれていないとログオンに失敗します。構成情報については、TdgssUserConfigFile.xmlにおける<LdapConfig>セクションの作成を参照してください。