16.20 - Kerberosの非標準インストール用のTDGSSの再設定 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

標準の/usr/lib64以外の場所にKerberosをインストールする場合は、Kerberosを別の場所にインストールした後に、以下のプロシージャで示すようにTdgssUserConfigFile.xmlも更新する必要があります。このプロシージャは、各Teradata Databaseシステムおよび各Unityサーバー(使用されている場合)で必要となります。そのため、構成ファイルはKerberosライブラリのlibgssapi_krb5.soにアクセスできます。

Teradataは、KRB5メカニズムのプロパティを編集する前に、Teradata DatabaseノードとUnityサーバー(使用されている場合)に必要なすべてのKerberosセットアップ タスクを完了することを推奨しています。